旅するように暮らしたい
それは身軽で、ゆっくりとした時間を過ごすこと
日常に幸せを求めること
そのために、暮らしを整えるお手伝いをいたします。
整理収納コンサルタント 鷹野由紀
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
興味がない人に興味を持たせる
こんにちは、roomworkです。


アドバイザー1級の講座を受けた時に、
『興味がある人に整理収納を伝えるのは簡単。でも私たちの使命は、興味の無い人に興味を持ってもらうこと。』
この言葉にどれだけ感銘を受けたことか!

でも、最近思うことは、
その気になるまで待っていてあげる
というのがよいのではないかと。。。
興味のある無し、というよりも、
拒絶してしまう時があると思うのです。
だから、焦らず自分のペースを乱さないでほしいです。
『気づくのが遅いから、もう教えてあ〜げないっ!』
は、しません。 いつでも門を開けておきます。

『よし!』と思い立った時に
是非アドバイザーを頼ってみてください。

三日坊主でもいいと思うのです。
三週間坊主でも、三カ月坊主でも。。。

得と損は表裏一体
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


私はレッスンの時、お客様に
『捨てて減らしてください』と、
言うことはありません。できません。
なぜなら、他人様のモノを【捨てて!】ということは、泥棒に近い行為だとおもっているからです。

ですが、片付けられない原因の1つに、
自分のキャパシティ(元に戻す能力・体力・時間)とモノの量が釣り合っていない。
ということがあります。

ですから、自分のキャパシティを上げる
もしくは、
モノの量を減らす

どちらかをしないと、永遠に片付けられないということになります。


自分のキャパを上げるには生活をガラリと変えなければならず、仕事や育児などで難しい場合が多いので、必然的に
片付け=(無駄な)モノを減らす
を選択することになります。

多くの人は、 モノを減らす=損をする
と思いがちです。

でも、本当にそうでしょうか?

SALEでお得に買ったはずの服が、
着られることもなくタンスの肥やしになり、他の服を取り出しにくくシワにしている。

大量に買った特売のストック食品
うまく使えず賞味期限を切らせてしまう。


なんとなく数式が見えてきそうです。
得=損

でも逆にしてみるとどうでしょう?

損=得

SALEではない時期にじっくり選んだ服を丁寧に長い期間大切に着る。もちろん価格はSALE時の何倍もするが、着心地もよく自分に似合っていて、毎日着たいと思える。


特売のマヨネーズ
大きいサイズと小さいサイズがほぼ同じ値段。
でも、以前大きなサイズを買って中身が分離してしまったことがある。食べきれる小さいサイズを選ぶ。
無理に食べて体重を気にすることもない。

一見、得に思えることが結果的に損してしまったり、
一見、損に思えることが結果的には得だったりします。

損と得は表裏一体。

2つでセットなのです。

整理を始めてからしばらくの間は、
【もったいない】と戦うことが続きます。
ここが辛い。先に進まないから。

私は『捨てて!』とは言えません。
けれど、手放すことは損することばかりではないですよ!と伝えたい。
モノを手放せば、空間ができます。
空間ができれば気持ちのいい風が通ります。
掃除か楽になります。 余計なものが散らかるとこもありません。

損したことで得をする感覚

これが、片付けを促進させてくれます。

整理を通して、
損してもいいや!!
こんな気持ちになっていただけたら幸いです。
買い物で大切なこと 視界
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


自分や家族に買ったものは、その瞬間から
自宅に住まわせることになります。
そのモノと毎日顔を合わせた時、
気分がいいものであることが大切です。
買い物で大切なこと ルール
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


買い物で大切なことは。

【何を買うか?】
よりも
【何を買わないか?】


自分のお買い物ルールがないと
散財し、家の中も散らかります。



時間はしっかり使うほうがいい
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


脱いだコートや洋服はかけてある方が気持ちがいい。

洗濯物はきちんとキレイに畳んである方が気持ちがいい。


少し手間だけど、
躍起になって時間を節約して、空き時間を増やすよりも、
しっかりと手間ひまに時間を使った方が心が満ちてくる。

と、私は思っている。


私の娘は畳んでない洗濯物は着てくれないのです。
(息子は、いいよー!って着てくれるんですけど(笑))

たまには畳む手間を省かせてよ〜〜なんて思うけど、
誰だってきちんと手間ひまかけてくれたものがいいですよね。

おばあちゃんっ子だった私は、
祖母が毎日きちんきちんと洗濯物を畳む姿を見て育ちました。

どうしてそんなにキレイに畳むの?
と聞いたことがあります。
『きちっとたたむと気持ちがいいでしょ〜』
という返事。

全くその通り!!


自分の時間短縮は気持ちのいいやり方かどうか、考えてみるのも整理のひとつ。
簡単に伝えること
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

物事を簡単に伝えるのも
整理のひとつかと思います。


アインシュタインの相対性理論
100分で名著で見たけれど、
分かったような分からないような。。。

時間という概念が、
科学者と凡人では違いすぎて理解できないのです。


アインシュタインはこどもにも分かるように、
『退屈な時間は長い。楽しい時間は短い。』と説明したそうです。


なるほどなるほど!
とても分かりやすい。



きっとどんなことも本質はシンプル。
もちろん整理収納も。

【必要を残し、不要を取り除く。】
【取り出しやすくしまいやすく収める】

複雑にしているのは、自分自身だってこと。

簡単なことを、簡単に伝えるのは
実は、とても難しいこと。
成功とは?
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

『成功とは他人に感謝されること』
という言葉に出会いました。


なるほどです!!


ありがとうと言われる。

ありがとうと言う。

その繰り返しで生きていきたいな。
もらったものを大切にできない理由
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

私は、基本的に、もらったものは大切にできないと思っています。
(もちろん大切にできる方もいらっしゃると思いますが、あくまで私の考えとしてお読みください。)


もらったもの
=無料のもの
=自分は対価を渡していない

低い(安い)対価に対しても同じことが言えます。


自分の時間(労働力)やお金を費やした同等以上のものに対してしか、
大切にできないのではないかと感じています。

それから、最初はとても大切に扱っていたのに、
古くなってきたりして
大切にしなくなることがあります。
それも、対価より価値が下がってしまったから、
という理由があるのではないでしょうか?


ずっとずっと大切にするもの、ことの1つとして
【思い出】があります。

思い出の価値は色褪せないからです。

『モノより思い出』というCMのキャッチコピーがありました。
なるほどな、と思います。
モノの価値(値段)

room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

人それぞれ価値観はバラバラです。

ただし一般的な価値観も植え付けられています。

例えば、ゴッホの絵は◯億円
とか、
ロールスロイスは◯千万円
とか、
iPhoneは◯万円
とか、
自動販売機のジュースは◯◯◯円
とかね。


物の価値については常日頃からよく考えています。

物あまりの時代です。
私は大金持ちではないけれど、
たくさんのもの思っています。

でも、私はボールペン1本作ることができない。
それどころか鉛筆さえも作ることができない。
ライターやガスコンロがなければ、火を起こすことすらできない。


ボールペンは100円位で買えますけれど、
もし私が一から作ったら、一体どれだけ時間と労力がかかるのでしょう?


毎日食べているお米も野菜も牛乳も、
私には作ることができない。

いつも買っているそれらを自分で作ることになったら、
今支払っているお金のでは到底賄えません。


もし今もっているものを、自分で一から作るとしたら?

そう考えてひとつの価値基準としています。
いい結果を思い浮かべる。
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


片付けが嫌いな方は、
片付けをしている自分を思い浮かべる時、
『嫌なイメージ』を持っています。

『嫌なイメージ』とは過去の経験から来ます。

今まで片付けをして、成功したことがない。

一旦片付いたけど、すぐに元に戻ってしまった。

そんなイメージが一瞬で思い出されるので、
行動に移すのが億劫になってしまいます。


ですから、片付けしようと思う時は、
『良いイメージ』

『幸せなイメージ』を
持つことが大切です。

きれいな寝室で、朝日を浴びながら
気持ちよく目覚めた自分。


整った使いやすいキッチンで、
家族みんなで夕食を作る休日。


などなど。
理想の暮らしを妄想します。

それらの理想を胸に刻んで
『嫌なイメージ』を掻き消してから、
お片付けを始めて見てください。