旅するように暮らしたい
それは身軽で、ゆっくりとした時間を過ごすこと
日常に幸せを求めること
そのために、暮らしを整えるお手伝いをいたします。
整理収納コンサルタント 鷹野由紀
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
買い物で大切なこと 視界
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


自分や家族に買ったものは、その瞬間から
自宅に住まわせることになります。
そのモノと毎日顔を合わせた時、
気分がいいものであることが大切です。
買い物で大切なこと ルール
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


買い物で大切なことは。

【何を買うか?】
よりも
【何を買わないか?】


自分のお買い物ルールがないと
散財し、家の中も散らかります。



時間はしっかり使うほうがいい
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


脱いだコートや洋服はかけてある方が気持ちがいい。

洗濯物はきちんとキレイに畳んである方が気持ちがいい。


少し手間だけど、
躍起になって時間を節約して、空き時間を増やすよりも、
しっかりと手間ひまに時間を使った方が心が満ちてくる。

と、私は思っている。


私の娘は畳んでない洗濯物は着てくれないのです。
(息子は、いいよー!って着てくれるんですけど(笑))

たまには畳む手間を省かせてよ〜〜なんて思うけど、
誰だってきちんと手間ひまかけてくれたものがいいですよね。

おばあちゃんっ子だった私は、
祖母が毎日きちんきちんと洗濯物を畳む姿を見て育ちました。

どうしてそんなにキレイに畳むの?
と聞いたことがあります。
『きちっとたたむと気持ちがいいでしょ〜』
という返事。

全くその通り!!


自分の時間短縮は気持ちのいいやり方かどうか、考えてみるのも整理のひとつ。
簡単に伝えること
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

物事を簡単に伝えるのも
整理のひとつかと思います。


アインシュタインの相対性理論
100分で名著で見たけれど、
分かったような分からないような。。。

時間という概念が、
科学者と凡人では違いすぎて理解できないのです。


アインシュタインはこどもにも分かるように、
『退屈な時間は長い。楽しい時間は短い。』と説明したそうです。


なるほどなるほど!
とても分かりやすい。



きっとどんなことも本質はシンプル。
もちろん整理収納も。

【必要を残し、不要を取り除く。】
【取り出しやすくしまいやすく収める】

複雑にしているのは、自分自身だってこと。

簡単なことを、簡単に伝えるのは
実は、とても難しいこと。
成功とは?
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

『成功とは他人に感謝されること』
という言葉に出会いました。


なるほどです!!


ありがとうと言われる。

ありがとうと言う。

その繰り返しで生きていきたいな。
もらったものを大切にできない理由
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

私は、基本的に、もらったものは大切にできないと思っています。
(もちろん大切にできる方もいらっしゃると思いますが、あくまで私の考えとしてお読みください。)


もらったもの
=無料のもの
=自分は対価を渡していない

低い(安い)対価に対しても同じことが言えます。


自分の時間(労働力)やお金を費やした同等以上のものに対してしか、
大切にできないのではないかと感じています。

それから、最初はとても大切に扱っていたのに、
古くなってきたりして
大切にしなくなることがあります。
それも、対価より価値が下がってしまったから、
という理由があるのではないでしょうか?


ずっとずっと大切にするもの、ことの1つとして
【思い出】があります。

思い出の価値は色褪せないからです。

『モノより思い出』というCMのキャッチコピーがありました。
なるほどな、と思います。
モノの価値(値段)

room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

人それぞれ価値観はバラバラです。

ただし一般的な価値観も植え付けられています。

例えば、ゴッホの絵は◯億円
とか、
ロールスロイスは◯千万円
とか、
iPhoneは◯万円
とか、
自動販売機のジュースは◯◯◯円
とかね。


物の価値については常日頃からよく考えています。

物あまりの時代です。
私は大金持ちではないけれど、
たくさんのもの思っています。

でも、私はボールペン1本作ることができない。
それどころか鉛筆さえも作ることができない。
ライターやガスコンロがなければ、火を起こすことすらできない。


ボールペンは100円位で買えますけれど、
もし私が一から作ったら、一体どれだけ時間と労力がかかるのでしょう?


毎日食べているお米も野菜も牛乳も、
私には作ることができない。

いつも買っているそれらを自分で作ることになったら、
今支払っているお金のでは到底賄えません。


もし今もっているものを、自分で一から作るとしたら?

そう考えてひとつの価値基準としています。
いい結果を思い浮かべる。
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


片付けが嫌いな方は、
片付けをしている自分を思い浮かべる時、
『嫌なイメージ』を持っています。

『嫌なイメージ』とは過去の経験から来ます。

今まで片付けをして、成功したことがない。

一旦片付いたけど、すぐに元に戻ってしまった。

そんなイメージが一瞬で思い出されるので、
行動に移すのが億劫になってしまいます。


ですから、片付けしようと思う時は、
『良いイメージ』

『幸せなイメージ』を
持つことが大切です。

きれいな寝室で、朝日を浴びながら
気持ちよく目覚めた自分。


整った使いやすいキッチンで、
家族みんなで夕食を作る休日。


などなど。
理想の暮らしを妄想します。

それらの理想を胸に刻んで
『嫌なイメージ』を掻き消してから、
お片付けを始めて見てください。
本当に大切なもの
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


私の5歳の息子は、大切なおもちゃを
とても大切にします。

具体的に言いますと、妖怪ウォッチのメダルです。
バインダー式のホルダーにメダルがギッシリ入っています。
(ほとんど従兄弟からのもらいものなんですが、)
ひとつひとつのポケットにメダルの名前をマッキーで書き、
使ったら戻し、
使ったら戻し、
必ずその住所に戻します。

うっかり落としてしまい、
メダルがたくさんこぼれ落ちても、
泣きながら、メダルを1枚1枚戻していきます。


それ以外のおもちゃはどうでしょう?
本当に雑な扱いです。
乱暴です。
使ったら使いっぱなし。


これを読んでくださっているお母さん。
どう思いますか?うちの息子。


私はこう思うんです。

本当に大好きなモノと暮らすことが
本当の幸せだと、息子が教えてくれました。

朝起きると必ず棚から出して、側に置くし、
ウォッチをつけたまま寝ることも(笑)

大切なモノたちは、親友です!!
自分のことを助けてくれるし、こちらも大事にします。

ずっとそう思って暮らしていますが、
小さな子供にとっても同じなんだと。

大切なモノは、心から大切にするんだなぁと。

もちろん、人間ですから、
飽きることも多々あります。

けれど、適当なモノではなく、
本当に欲しいモノを少しだけ持てば、
豊かで、幸せな時間を過ごせる。


永遠には無理かもしれないけれど、
その瞬間だけでも、自分の納得できるモノを持つこと。

安さだけで選ばないこと。
手に入りやすさだけでは選ばないこと。


高価で買えないものもあります。

でも、一生手に入らないものがあってもいいと思うし。

そういうものがあってもいいと思う。
むしろそういうものがあった方がいいかも。。。。

だからってすぐに代替えを求めない。

そんな生き方ができたらいいなと思うし、そうして行きたい。



逆に、雑に扱ってしまうものはどうでしょうか?

本当は必要ないんです。
ただ執着して手放したくないだけ。
脱ぎ捨ててある服も、汚れた靴も、埃のかぶった家具も。
心に留め置く言葉たち
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

何度でも思い出したい言葉は書き留めておきます。


『しようか?どうしようか?』と思う時は、してごらんなさい。


幸せはいつも自分の心が決める。


自分がされてうれしかったことを
他の人にもする。


過ぎたるは及ばざるが如し


物事は裏返して見てごらんなさい。




つい忘れてしまうから、
時折見返してハートに刻みます。