旅するように暮らしたい
それは身軽で、ゆっくりとした時間を過ごすこと
日常に幸せを求めること
そのために、暮らしを整えるお手伝いをいたします。
整理収納コンサルタント 鷹野由紀
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 無買日に挑戦 | main | 収納の中がゴミ屋敷 >>
ルームワークセミナー 2015.5.26
JUGEMテーマ:整理収納


こんにちは、room work 鷹野です。

昨日は久しぶりのルームワークセミナーを開くことができました。

お二人の方(mさんとHさん)に参加いただきました。

ありがとうございました。


mさんのお悩みは、、、

子供の頃から片付けが苦手で、結婚してからはキレイ好きのご主人に部屋が散らかっていると怒られるそうです。

それから、モノ(日用品ストック)をたくさん持っていないと不安…。

トイレットペーパーのストックは18ロールを6パック(計108ロール)は常備しているのだそうです。

その他には、ラップや乾物など、震災などがあった時の事を考えると心配でたくさんあると落ち着くとのこと。



ストック品の持ち方アドバイス



1.数量で在庫数を割り出す

2.収納スペースから在庫数を割り出す



1.はある一定の期間にどれだけ使用するかを調べ、その分をストックします。

例えば、洗濯洗剤の場合

一週間で1pcs使う場合、

一カ月なら4

二カ月なら8

品物によって変わりますので、

まずは、品物毎に一カ月分持ってみるのはいかがでしょう。

(収納スペースに余裕がある場合です。)



2.はご自宅の収納スペースから収納できる量を割り出す方法です。

ご自宅の収納スペースを考えての購入ですので、とても合理的です。

例えばタオルなら、タオルを収納するスペースに入るだけの枚数を持ちます。



もし、今いろんな場所に点在していたり、収納から溢れているようなら、一旦収納スペース分だけ残し、他のモノは別の場所に保管して様子をみてくださいね。もし足りなければ、収納場所を変更する必要がありそうです。





モノを一旦減らしてみることで、家族の適正量が見えてくると思います。







Hさんのお悩みは、、、

お友達が遊びに来る時には、散らかっているモノを大きな箱にまとめて入れてクローゼットに隠すので、『キレイにしてるね』と言われるが、本当はグチャグチャ。

片付けは嫌いではないが、ものすごく労力がいるので、決心しないとできない。

ティーカップをコレクションしているが、箱に入ったままのモノもあり、かざったり、使ったりしたい。、、、とのこと。



片付けに時間がかかる人へのアドバイス



片付けとは、

『モノを使う→メンテナンス→元の場所に戻す。』

例えば食器なら、

食器棚から取り出す→使う→汚れる→洗う→拭く→食器棚へ戻す。



とてもシンプルなことです。



つまり、片付けに時間がかかるということは、

○モノが多すぎる。

○必要、不要の区別ができていない。

この二つが大きな原因と思われます。



まずは、必要か、必要でないかの仕分け作業をすることをお勧めします。



コレクションのティーカップは、大切なモノ^_^

大切なモノは大切にしてあげてください。

まずはその他のモノを整理し、収納し、掃除をし、コレクションに特別な場所を用意してあげてくださいね!













またまたランチの写真…

ルームツアーの写真を撮るのを忘れてましたσ(^_^;)



先程mさんから、

『今食器棚の整理を始めました!』とメールがきました^_^



片付けを学ぶと片付けたくなる!

催眠術にでもかかったように皆さん片付け始めるのです^_^



でも、そこはやはり催眠術のせいか、時間が経つと解けてしまいがち…。



催眠術を解かない方法は、

毎日少しでもいいから整理する。

整理とは、『必要と不要を区別すること』

ボールペン一本でもいいので、

自分にとって、家族にとって必要かどうか考えてみて下さい。
スポンサーサイト
COMMENT