旅するように暮らしたい
それは身軽で、ゆっくりとした時間を過ごすこと
日常に幸せを求めること
そのために、暮らしを整えるお手伝いをいたします。
整理収納コンサルタント 鷹野由紀
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 10月25日 コラボセミナーのお知らせ | main | 無くても大丈夫なんだ! >>
働く手
こんにちは、roomwork鷹野です。


ルームシューズを一足作るのに、これだけたくさんの羊毛が必要です。

羊のルームシューズは本当に暖かい。

真冬に履いていたルームシューズを脱いだ時、ブルッと震えがきました。
その時脳裏に浮かんだのは、羊が毛を刈り取られている様子。

羊はこんな寒い思いをしているのかなあ。
誠に申し訳ないです。

だからできるだけ無駄なく使いたい。

ルームシューズは何度でも何度でも洗って大丈夫。
極限まで縮めていますので、これ以上小さくはなりません。
底にはスェードを貼っていますので、フェルト自体のダメージが少なくなります。

そして、丸くくり抜いた(足を入れる)部分はブローチなどにします。


私は幼い頃からものづくりが好きでした。
だから、利き手の右手と左手の大きさや厚みが全然違うのです。

自分の右手を見ると、亡くなった祖母を思い出します。

私の右手はよく似てる。
祖母は自分のゴツゴツの手を見て、
『これは一生懸命働いた手』と言っていました。
私にとって今まで見た中で、1番美しい手です。

私の右手も女性らしくなく、ゴツゴツしていますが、なんとなく誇らしげな表情をしています^_^
まだまだ祖母の手には程遠いけれど、、、。

まだまだ右手さんに頑張ってもらわないと。左手もね。
スポンサーサイト
ミートさん

ありがとうございます(*^o^*)

あったかいですよねー。
毎年使ってくださってありがとう。

時々洗って、毛玉を取ってあげてくださいね〜〜
たかの | 2015/10/23 10:49
ゆきさんのルームシューズ本当にあたたかいです!冬の必需品になっちゃいました。しかもかわいい♪
ミート | 2015/10/23 09:51
COMMENT