旅するように暮らしたい
それは身軽で、ゆっくりとした時間を過ごすこと
日常に幸せを求めること
そのために、暮らしを整えるお手伝いをいたします。
整理収納コンサルタント 鷹野由紀
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< あなたの行きたい場所に、あなたのやりたいことはあるのか? | main | タビタビコーヒーをよろしくお願いします! >>
ちょこさん宅の和室(押し入れ)
JUGEMテーマ:整理収納
こんにちは、roomwork鷹野です。


ちょこさん宅のプライベートレッスン2回目。

まずは、宿題の確認です。
下着・靴下・ご自身の洋服の整理(必要、不要の仕分け)です。
全てキチンと終えて今日のレッスンを迎えて下さいました!

ルームワークレッスンは、
いかにご自身で整理を進めていけるか!
が、鍵になります。
整理は所有者にしかすることができません。
私は整理についてアドバイスすることはできますが、あくまで決めるのはご自身なのです。


本日は和室の押し入れの整理収納作業です!


少々難有の押入れです。
なぜかというと、お布団の幅が100CMに対し、
ふすまのサイズが80CM弱・・・・。
写真はふすまを外した状態ですが、
上部の天袋を見ていただければご理解いただけると思います。

 
お布団の上げ下げにストレスを感じておられるちょこさん。​​​​
ふすまを外し(別部屋に保管)ツッパリカーテンレールを取り付けることをご提案いたしました。
カーテン選びをお願いしています。
 
↓こちらは4歳の息子さんのおもちゃ類(コンサル時の画像)
おもちゃ類は、押入れの反対側(掃き出し窓口)にまとめてあり
もなんとかすっきりさせたいとのご要望でした。
 
押入れはふすまの幅が狭いせいで、
なんとなく使いにくさを感じていたようで、普段あまり使わないものを収納されていました。
でも和室は生活の中心的な場所。
くつろぐ、寝る、息子さんの遊び場、お着換えなどたくさんの行動が詰まっています。
ですから、一番和室を使っておられる息子さんの専用スペースを
の下段に作ってはいかがですか?とご提案いたしました。
 
まずは、中に入っていたものをすべて出します。
要・不要の仕分けをしていきます。

おもちゃはすべて収納です。
要・不要の仕分けは奥様と息子さんでしていただきます。
カーテンレールとカーテンが届くまではふすまを入れますので、
左右どちらも引き出せるように、収納ケースを空間の無駄の出ないように入れていきます。
 
収納ケースに入りにくい大物のおもちゃは、取り出しやすいよう収納boxを使用しました。


上段は収納ケースを入れず、
お布団の上げ下げが楽にできるよう7割程度の収納にします。

今後カーテンになると、来客時など不意にお子様に開けられることがあると思います。
そんな時にも慌てないよう、お布団のたたみかた、
『輪』を手前にするというテクニックをお伝えしました。
それから、今後お布団やシーツ・カーバー類の買い替えの際は
色柄素材をできるだけ調和させていくと
もっともっと片付いて見える、整って見える​​​​​​というポイントを。

​自然なお色味がお好みのちょこさん​は、
今後ベージュ系でそろえていくとおっしゃっていました(^^♪


次回はお仕事関係の書類などを整理収納していく予定です。

ちょこさまありがとうございました。​​

 
スポンサーサイト
COMMENT