旅するように暮らしたい
それは身軽で、ゆっくりとした時間を過ごすこと
日常に幸せを求めること
そのために、暮らしを整えるお手伝いをいたします。
整理収納コンサルタント 鷹野由紀
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 心に留め置く言葉たち | main | 大掃除 >>
本当に大切なもの
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


私の5歳の息子は、大切なおもちゃを
とても大切にします。

具体的に言いますと、妖怪ウォッチのメダルです。
バインダー式のホルダーにメダルがギッシリ入っています。
(ほとんど従兄弟からのもらいものなんですが、)
ひとつひとつのポケットにメダルの名前をマッキーで書き、
使ったら戻し、
使ったら戻し、
必ずその住所に戻します。

うっかり落としてしまい、
メダルがたくさんこぼれ落ちても、
泣きながら、メダルを1枚1枚戻していきます。


それ以外のおもちゃはどうでしょう?
本当に雑な扱いです。
乱暴です。
使ったら使いっぱなし。


これを読んでくださっているお母さん。
どう思いますか?うちの息子。


私はこう思うんです。

本当に大好きなモノと暮らすことが
本当の幸せだと、息子が教えてくれました。

朝起きると必ず棚から出して、側に置くし、
ウォッチをつけたまま寝ることも(笑)

大切なモノたちは、親友です!!
自分のことを助けてくれるし、こちらも大事にします。

ずっとそう思って暮らしていますが、
小さな子供にとっても同じなんだと。

大切なモノは、心から大切にするんだなぁと。

もちろん、人間ですから、
飽きることも多々あります。

けれど、適当なモノではなく、
本当に欲しいモノを少しだけ持てば、
豊かで、幸せな時間を過ごせる。


永遠には無理かもしれないけれど、
その瞬間だけでも、自分の納得できるモノを持つこと。

安さだけで選ばないこと。
手に入りやすさだけでは選ばないこと。


高価で買えないものもあります。

でも、一生手に入らないものがあってもいいと思うし。

そういうものがあってもいいと思う。
むしろそういうものがあった方がいいかも。。。。

だからってすぐに代替えを求めない。

そんな生き方ができたらいいなと思うし、そうして行きたい。



逆に、雑に扱ってしまうものはどうでしょうか?

本当は必要ないんです。
ただ執着して手放したくないだけ。
脱ぎ捨ててある服も、汚れた靴も、埃のかぶった家具も。
スポンサーサイト
COMMENT