旅するように暮らしたい
それは身軽で、ゆっくりとした時間を過ごすこと
日常に幸せを求めること
そのために、暮らしを整えるお手伝いをいたします。
整理収納コンサルタント 鷹野由紀
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ちょこさん宅 12日間 お片付けミッション ラストスパート | main | ちょこさん宅 お引越しサポート >>
いつ使うかわからないものたち
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


以前プライベートレッスンでお客様から
『これ、どこにしまったらよいでしょうか?』と質問されました。



水まくら、コルセット、蛍光灯です。

まずは、水まくらとコルセットですが、
こちらの使用頻度はどのくらいでしょうか?
毎日?
週一?
月一?
年一?

あんまり使わないから、年1かな?
と、思うかもしれませんが、
いつ出番が来るか分からないものは、
【使用頻度 毎日】になります。
他には、消火器や懐中電灯や非常持ち出し袋などがあります。

消火器や懐中電灯はよもやの時に緊急に必要ですので、すぐに取り出せる場所。
消火器は1番出番のありそうなキッチン
懐中電灯は暗がりでも取り出せる場所が良いと思います。


水まくらやコルセットは緊急ではないので、すぐに取り出せる場所でなくてもOKですが、奥にしまいこまないように。
そして、家族と収納場所を共有します。


さて、一方蛍光灯などのストック
こちらは、切れてしまっても緊急ではない為、我が家ではストックを持たず、切れてから買いに行きます。
でも、やはり切れたらすぐに取り替えたい方はストックを持つのがよいと思いますので、収納場所を確保しましょう。

蛍光灯や紙袋など、 家具の隙間に入れ込む方をたくさん見てきましたので、それはやめた方が良いと思います。

隙間に何かを入れ込むと
他にもどんどんいれてしまいます。
壁に一ヶ所落書きがあると、どんどん落書きが増えるのと同じように。。
行き場のない者たちが集まるのです。
そうなると、何があるのか分からなくなります。
結果重複買いが起こります。


オススメの収納場所は特にありませんが、
いわゆる収納場所が決まっていない者たちの収納場所を確保すると、行方不明がなくなってきます。

クローゼットや押入れの一角でもいいし、リビングの一角でも、、、。


探し物(行方不明)と同じくらい、どこにしまえばいいかわからないといった(住所不定)があります。

おうちから、『わからない』を無くしていくととても快適です。



スポンサーサイト
COMMENT