旅するように暮らしたい
それは身軽で、ゆっくりとした時間を過ごすこと
日常に幸せを求めること
そのために、暮らしを整えるお手伝いをいたします。
整理収納コンサルタント 鷹野由紀
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 倹約家とケチの違い | main | 暮らしを整える >>
適正量
【ちょうどいい数】

増えがちなモノ
・洋服
・本、雑誌
・書類
・おもちゃ
・タオル
・日用品ストック
・食品ストック
など。

【収納スペースに合わせた数量にする】
をオススメしていますが、
一人で作業(断捨離)する場合は迷うことが多いと思います。

【大切なのは自分の気持ち】です。
持っていて落ち着く数量のポイントを知ることが重要!

例えば、洗剤のストックを20袋持っていたとして、それを見た第三者(夫、親、友人など)に、
『多すぎる!!』と言われたとしましょう。
それは、彼らには多すぎるという話です。
ご自身が20袋ないと不安なら、持つべきです。
大事なのは、
【数量を自分で決める】ということ。
誰かに何かを言われて気持ちが落ち込むのは、
きっと自分で決めた数量ではないから、、、。
なんとなく持っているものには、
自分の意思が伴いません。

自分で数量を決めたら、不思議と
それ以上は、買わなくなります。

適正量を決めるにあたって大切なことは、
【自分で数量を決める】
または、
【自分で(それらをしまう)スペースを決める】
【持っている数量を把握している】
【決めた数以上は買わない】



ちょうどいい数量(適正量)はライフスタイルによって異なります。
誰かの真似をしてもうまくいきません。
スポンサーサイト
COMMENT