旅するように暮らしたい
それは身軽で、ゆっくりとした時間を過ごすこと
日常に幸せを求めること
そのために、暮らしを整えるお手伝いをいたします。
整理収納コンサルタント 鷹野由紀
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
記憶の整理
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


私たち夫婦は、共通の記憶であるはずなのに、
片方はよく覚えている。
片方は全く覚えていない。
ということがよくあります。


記憶について、忘れてしまうということは、
自分にとって重要ではないから、必要ではないから。

記憶のキャパは人それぞれですが、
自然と満杯にならないよう制御してくれているのはすごいなあと思います。


さて、冒頭で、
私たち夫婦は〜のくだり、
同じ記憶があるはずなのに、どちらかは忘れてしまうように、
モノにも同じことが言えます。

一つの物体があり、
それは、ある人には重要なもの。
別の人にとっては無くても問題ないもの。


『記憶』は個人の頭の中に収まっていますが、
『モノ』は家という脳みその中にあって家族でスペースを共有しています。

ですから、自分以外の重要が邪魔になるのですね。。。


そういう場合は、スペースを区切りそこには手出しをしないことが平和的だと思います。
(悪臭・腐敗などがない限り)


私は未だに、行きの道と帰りの道が
全く別の場所に思えることがあります。
方向音痴がひどいのです。
どうして私の脳は、『道』を重要視していないのでしょうか?
とても不思議です。
いろんな雲
room work web site


こんにちは、roomwork鷹野です。








誰しも子供の頃から、いろいろな空を見ている。

空を見上げるのは、アルバムを開くのと似ている。

「うろこ雲を見たらいつの頃を思い出す?」

って聞いたら、いくつの頃を思い出すんだろう?

「たなびく横雲を見たら誰を思い出す?」

って聞いたら、どんな名前が出てくるだろうか?




あと10日ほどで、新しい年の日が昇ります。

けれど、太陽は毎日が新しい。

毎日が初日の出。

日々を大切に。
年賀状
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

年賀状書き終わりました。
(自分の分だけ、夫はまだ(*´-`))


今年は年賀状をちょっと変えてみました。

一人一人にひとこと書き添えますと
今年一年を振り返ることができます。

今年はいろいろあったな、、、とか。

今年も会えなかったな、、、とか。

来年は一緒にあんなことしたいな、、、とか。


郵便番号を記入すると、
ああ、あの人は離れたところに住んでいるんだった。。。とか

今はメールやSNSで、人との距離を近く感じることができるけど、
会いたい時に会えない距離にいるんだな、、、とか。

年賀状って、他人の為に書いているようで、実は自分の一年を振り返る為だったりするのかもしれません。
42歳デビューの先輩
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

今日は元お勤め先のバーゲンに行ってきました。

最終日だったので、商品も品薄に´д` ;

お昼は先輩Hさんと一緒に。

実は、先輩Hさんは72歳!!
社長に辞めさせてもらえない
数少ないパートタイマーさんです。

Hさんのお仕事デビューは42歳
そこから30年、、、。
心からすごいな〜〜と尊敬が溢れてきます。

今日ランチしながら、
『あなたは器用で何でもできるじゃない?私はなーんにもできないのよ。社長にもおまえは口だけだっていつも言われてるし。』(笑)

そう!私は一言で言うと
【器用貧乏】
自分では、結構悩んでいます。


以前、同じく自称、器用貧乏な方とお会いした時
『器用貧乏の貧乏だけ取ればいいんですよ。』と言われたことがあります。
貧乏を取れば何でもできるってこと
それを売りにしなさいって、言われました。


Hさんは、失礼かもしれませんが、
確かに器用ではないし、有閑マダムな感じもします(笑)

だけど、人の心を読んだり、うまく仕事が運ぶようにする話術は天下一品!!
社長が手放したくない気持ち
よくわかります。


私もそんな風に必要とされたいなと常日頃から思っています。
住宅収納スペシャリスト
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

今日は、
『住宅収納スペシャリスト』の講座を受けてきました。


建物の構造上仕方ないことなのかもしれませんが、
「どうしてこんな収納をつくったのだろう?」

とか
「この収納、使いにくいなあ〜」
と、思うことがたくさんあります。

住宅収納スペシャリスト認定講座は、
住宅購入、リフォームをお考えのお客様に家のハード面から、
使いやすい、暮らしやすい収納環境を提案、提供するための勉強です。


受講者は、住宅関係者、整理収納アドバイザーなど。


整理収納が、建築側にも浸透し始めていることが素晴らしいなと思いました。

お客様の暮らしに合わせた、
ちょっとうれしいエッセンスを加えた
お家作りのお手伝いができたら、
どんなに楽しいだろうと思いました。

住宅収納スペシャリスト認定講座の申し込みは、
ハウスキーピング協会のHPから

http://housekeeping.or.jp
アンパンマン見ながらうたた寝していたら、、、。
room work web site


Instagram


こんにちは、roomworkです。


息子が先週のアンパンマンを見ていた隣で私はお昼寝。


短い夢の中でアンパンマンの実写版が!

出演
竹内結子(アンパンマン)
天海祐希(ショクパンマン)
(笑)

この二人だけしか出てこなかったので、
他のキャラクターの配役を考えてみました。
すごく楽しい時間(*^_^*)

ではでは、まずは、

ジャムおじさん:蛭子能収

ばたこさん:波留

名犬チーズ:アンジャッシュ児嶋

カレーパンマン:宍戸開

バイキンマン:志垣太郎

ドキンちゃん:桐谷美玲

クリームパンダ:加藤諒

メロンパンナ:木村カエラ

ロールパンナ:真木よう子

こむすびまん:えなりかずき

ナガネギマン:阿部寛


レアキャラ、、、、

おしんこちゃん:黒木華

うなどんまん:木村祐一(キム兄)

あめふりおに:梅沢富美男

ささだんごちゃん:福原愛(卓球の愛ちゃん)


ひとり、実写のアンパンマンに思いを馳せ、にやにやした昼下がりでした(笑)





古い友達
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

先日は、高校時代の友人3人でランチとお茶ハシゴ(*^_^*)




1人は私の師匠(音楽とかカフェとかオシャレなものを教えてくれる人。いつも一歩先行く人)

もう1人は戦友(美大受験の。彼女はデザイン科)


2人とも、いい意味で変わってる。(*^_^*)

もう、高校を卒業して20年も経つ。

それなのにこうして会うことができて嬉しい。

人は10代の頃に聴いた曲を、ずっと聴き続けるという。


10代の頃に染み込んだものに、生涯影響を受けるとも思う。


2人がいてくれたから、今の私があるのだな〜と感謝しています。


会えてよかった。
また会いたい。
夏休みの自由研究 〜防災パッククッキング〜
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。


先日、またまた園子先生のパッククッキング講座へ

小4の娘にも知ってほしいと前々から思っており、
夏休みの自由研究を兼ねて、
講座を受けることにしました!




私の古くからの友人(心の友)も息子連れで来てくれたりと、
楽しい1日を過ごすことができました。


娘は今日から、ノートにまとめる作業にはいりました。




詳しくはこちらをご覧ください。

http://s.ameblo.jp/studio-arun/entry-12183445352.html
見えないけれどいるかもね。
room work web site


Instagram


こんにちは、roomworkです。

先日、新しい出会いがあり、
お昼ごはんを食べながらの話題は、おばけについて、、、。

5人中、2人が見える人。
お1人は1年間だけ霊感が強くなったという。(計3人)
かなりの見える人集団(笑)

ちなみに私は全く見えません。

その中の1人が言ったのです。

「どっちかしかなかったら、どっちを選ぶ?」

「霊とか不思議な現象がある世界と、全くない世界。」

私は見えないので、正直どっちでもいいやと思ったのですが、

1番強い方が、
「とてもいい幸せな(スピリチャルな)経験と、ものすごく怖い経験もあるからな〜〜。」


私の知らない世界が広がる、お昼のひとときでした。


よく考えてみたら、
妖怪ものってずーっと流行っていますよね。
それはきっと江戸時代よりもっと前から、、、、。


ずっと続いているものって、必ず意味があると信じています。

例えば、結婚制度
例えば、マラソン
そして、おばけ、妖怪。


やっぱり、不思議なことのある世界を選ぶことにします(*^_^*)

うちの玄関
room work web site

Instagram

こんにちは、roomworkです。

我が家の玄関には、いつも靴がバラバラごちゃごちゃ脱ぎ散らかしてあります。

息子も娘も夫も、靴を揃える習慣が身につきません。

『もー靴を揃えるか、靴箱にしまってよー!』と言いながら、
いつも私がしまうのです。

この間ふと、
あと10年したら、娘の靴はもうないのかも、、、。
あと15年したら、息子の靴はないのかも、、、。

そう思ったら、
それまでは、楽しく靴を整えてやろうじゃないか!
そんな風に思えてきました。

生活は常に変化するもの。
今を楽しめなければ未来も同じこと。




コラムリレー
第3走 伊藤美佳代

『引越しで整理収納!』第2回
も、よろしくお願いいたします。

↓こちらから


http://realseeds.jp/seeds_09/2016/06/post_16.html